陶芸家ニナルッ!

好きなことして生きていきたい!40代OLの奮闘記です

【ウィズコロナ】さいたま道の駅めぐり♯1

f:id:machicoo_utsuwa:20210817202429j:image

こんにちは。

コロナ禍での過ごし方として考えた第二弾!地元の埼玉県内での楽しみを見つけています。

県内63市町村を全制覇すること企画は達成したので、次なる企画は?!

 

  • 次は、県内の道の駅、全制覇!

いろいろアイデアを出した中で採用したのが、県内の道の駅を全て巡ること。

前回のマイクロツーリズムと同様に、車で移動し、感染対策に気をつけながら行動です。企画を盛り上げるためのルールも作りました。

 

1.県境を越えてはダメ

 県境付近は要注意!地図を見て県をまたぐ道路は避けたルートを使います

 

2.道の駅では、記念品を1つチョイス

 その土地ならではのお土産を探すのも楽しみ!

 

3.道の駅では、スタンプを押印

 今回調べていて、毎年「関東道の駅スタンプブック」という冊子が販売されていることを初めて知りました。一冊400円。場所によっては割引特典なども付与されています。わくわく感が募ります。

 

  • 道の駅めぐり、初回は8箇所

各道の駅の様子と、選んだお土産を一気にご紹介!

1.川口・あんぎょう(川口市


f:id:machicoo_utsuwa:20210814124424j:image

f:id:machicoo_utsuwa:20210814124428j:image

f:id:machicoo_utsuwa:20210814124431j:image

あんぎょう(安行)は植木の里だそう。道の駅には川口緑化センターがあり、屋外にも植木、室内にも植木!こんな緑豊かな道の駅は初めてでいきなり特徴のある道の駅からのスタートとなりました。

f:id:machicoo_utsuwa:20210817000843j:image

お土産は小規模。焼菓子「樹里安(じゅりあん)」。緑化センターの名前も樹里安です。

 

 

2.庄和春日部市庄和町


f:id:machicoo_utsuwa:20210814223455j:image

f:id:machicoo_utsuwa:20210814223458j:image

大凧が有名だという春日部市庄和町。春日部はクレヨンしんちゃんのゆかりの地でもあり、しんちゃんのイラストが所々にありました。

f:id:machicoo_utsuwa:20210817000902j:image

お土産コーナーは広々。道の駅名が刻印されたどら焼きと、スタンプ帳特典で50円引きの地元産黒豆を練り込んだ蕎麦を記念品に!

 

 

3.アグリパークゆめすぎと(杉戸町


f:id:machicoo_utsuwa:20210814223216j:image

f:id:machicoo_utsuwa:20210814223223j:image

f:id:machicoo_utsuwa:20210814223220j:image

埼玉の道の駅ランキングで上位に入っている道の駅。屋外の敷地がとても広くレジャースポットに。芝生の広場、遊具、バーベキュー場などゆっくり1日過ごせる公園のようでした。

f:id:machicoo_utsuwa:20210817000941j:image

記念品は蕎麦を揚げて塩をふったしょっぱいお菓子。おつまみにもちょうどいい!

 

4.童謡のふるさとおおとね(加須市


f:id:machicoo_utsuwa:20210814223108j:image

f:id:machicoo_utsuwa:20210814223115j:image

f:id:machicoo_utsuwa:20210814223112j:image

「たなばたさま」「野菊」を始め、数多くの童謡を残した 作曲家・音楽教育家 下總皖一(しもおさ かんいち)のふる里とのこと。歌碑がありました。休耕田に咲くホテイアオイがとても綺麗でした。

f:id:machicoo_utsuwa:20210817001027j:image

記念品はおいしいと評判のコシヒカリ

 

5.かぞわたらせ(加須市


f:id:machicoo_utsuwa:20210814223029j:image

f:id:machicoo_utsuwa:20210814223026j:image

群馬、栃木、埼玉の3県境がある田んぼへ徒歩圏内という道の駅。埼玉の名物五家宝がトッピングされたソフトクリームなども食べられます。

f:id:machicoo_utsuwa:20210817001059j:image

記念品はテレビでも紹介されていた3県境プリントのおせんべい。

 

6.はにゅう(羽生市


f:id:machicoo_utsuwa:20210814222934j:image

f:id:machicoo_utsuwa:20210814222929j:image

今回訪れた8つの中で一番小さな道の駅。高速道路で例えればSAではなくPAのようなところでした。

f:id:machicoo_utsuwa:20210817001123j:image

記念品は地元のおせんべい

 

7.めぬま(熊谷市


f:id:machicoo_utsuwa:20210814222905j:image

f:id:machicoo_utsuwa:20210814222902j:image

f:id:machicoo_utsuwa:20210814222859j:image

隣接のめぬまアグリパークでは、約400種2000株のバラが5月頃から初冬まで楽しめます。(入園料無料)

f:id:machicoo_utsuwa:20210817001141j:image

お土産には地元産の茶豆の納豆。大粒で濃い茶色の納豆。とても美味しかったです。近くに売ってないかなぁ。

 

8.おかべ(深谷市


f:id:machicoo_utsuwa:20210817000722j:image

f:id:machicoo_utsuwa:20210817000725j:image

深谷市には道の駅が二つあります。

深谷は今年はタイムリー。大河ドラマ渋沢栄一の出身。渋沢栄一グッズで溢れていました!

f:id:machicoo_utsuwa:20210817001205j:image

お土産はグッズのなかから、渋沢栄一が愛していたというオートミールクッキーをチョイス。簡素な包装でしたが美味しかったです。

 

初回は頑張って8つまわりました。

実はこの企画はすでに達成していまして、4回かけて20施設を巡りました。4回に分けてレポート予定です。

 

それではまた!

【ミチシルベ】楽しむ、をベースに〜仕事との向き合い方〜

f:id:machicoo_utsuwa:20211017182752j:image

こんにちは。

最近仕事が忙しく、残業になりがちです。残業してもなお、やることが終わらない状態でその日を終えることが多く、スッキリした気持ちで終業できません。当然ストレスも溜まりプライベートまで持ち込むこととなり陶芸のテンションも下がったりして悪循環…。

少し前向きになれる兆しが出てきたので、すかさずメモしておこうと思います。いいことはすぐ忘れてしまい、悪いことに上書きされてしまうから。笑

 

  • 仕事を楽しんでいる人たち

今日は美容院に行き、帰りにお茶をしました。そんな何気ない1日で思ったこと。

美容師さん、仕事を楽しそうにしているなぁ。時にはもちろん嫌なことだってあるだろうけれど、自分が好き・得意とする美容の技術でお客様のヘアスタイルを綺麗に整えて、おしゃべりして、お客様の気分を上げるお手伝いができる仕事。

カフェではハロウィンの飾り付けの最中で、店員さんが、どこに何を置こうか相談しながら楽しそうに働いている。

どちらもなにげないシーンなのですが、やらされ感で仕事をしている私とは違う、と感じました。

 

  • 楽しむ、をベースにしたい

私は新卒で入った会社に20年以上勤めています。その間、辞めたい!という感情は何度も湧いてきていて、一番早くて入社2年目にすでに持っていました。笑。でも辞めずに今に至ります。続ける方がすごいと褒めてくれる方もいらっしゃいますが、自分としては保守的だから辞められなかった、の一言に尽きます。笑

 

本来なら、嫌ならやめればいいのです。人生一度きりなのに嫌なことを続けている時間はもったいないでしょう。頭ではわかりますが行動は難しい。

 

難しいのなら、気持ちをなんとか前向きにできないかな、美容師さんやカフェの店員さんのように楽しんでできないかな、と今更ながら思いました。

 

やらされ感だから楽しくない。なんとか楽しめないだろうか。

 

仕事は生活の為と割り切ろうとしていた私にこの感情が生まれたのは結構すごいことなのです。今更?という感じですけれどね。笑

 

  • 楽しむ、には?

社内のいろんな職種を経て、現在は営業部門。40代で初めての営業職です。数字が苦手で、苦手だと理解も進まないからあまり興味も持てない。目先のやるべきことだけをやっているだけで、全体像が見えてない。

 

そんな状態で楽しむにはどうしたらいいのでしょうか。苦手な数字の理解かな…と思えてきました。まずは相手の状況を把握するところから始めてみようと思います。

 

誰に強制されてこの仕事を続けているわけでもなく、自分で選んで続けているのだから、やらされ感→楽しむに移行する努力をしてみよう。それでも難しければ今度こそ辞めるという選択をしてもいいのかもしれない。その時はスッキリ、サッパリ辞める決断ができるのかもしれません!

 

よし、とりあえずやってみよう。

それではまた!

 

 

 

 

【制作現場より】リクエストはピンク色のマグカップ

f:id:machicoo_utsuwa:20211010182540j:image

こんにちは。

友人からのリクエストで作ったマグカップ。構想〜完成、プレゼントまでの道のりを書いてみます。

 

ことの始まりは以前プレゼントしたマグカップ。内側に白マット釉をかけ、外は白と辰砂の2色使いのもの。写真の右側のものです。

f:id:machicoo_utsuwa:20211014075659j:image

マット釉は細かい凹凸があり、そこに汚れが入ってしまい茶渋などが残りやすいのですが、この時はマットの質感、飲み物の色が映える白、を選んでかけました。

 

制作者としてはたくさん使って欲しいですが、汚れを気にして、もったいない、とお水とお湯しか飲んでないと聞きました。笑

大切にしてくれるのは嬉しいことですが、それなら、今のよりは汚れを気にしないで済むマットではないのを作るよ!ということになったのです。

 

希望を聞くと、ピンク色というだけで、あとはお任せ!というシンプルなもの。デザインを考えるところから始まりました。

 

前は背が低くて丸っこいコロンとした感じだったので、今回は細くて背を高めにすることに。なにかポイントが欲しいなーと思って柄を検討。私が考えるとポップな感じになりやすい。でも彼女は女性らしい綺麗目なものを好む印象。

こうしてレース模様に辿り着きました。

 

  • レース模様の施し方

まず、家にあった編まれたレースを作品に押し当てて実験しましたが、作品の硬さの問題で模様を土に写すことは難しい。そのため、下絵の具やいっちんで描く、または模様を掘る、のいずれかが候補となりました。

自分の力を考えると、描くより掘る方が上手くできそう、ということで掘ることに決定。

 

レース模様はネットで検索すると描き方の手順がたくさん出てきます。複雑に見える模様も一つ一つのパーツの組み合わせとなっていて、描き方を見ているとヘェ〜という感じ。おもしろいです。

 


f:id:machicoo_utsuwa:20211014202742j:image

f:id:machicoo_utsuwa:20211014202740j:image

f:id:machicoo_utsuwa:20211014202745j:image

こうして、電動ろくろで成形→削り→レース模様の下書き→掘る→把手をつける→素焼きをしました。

 

  • ピンク釉のテスト

f:id:machicoo_utsuwa:20211017143443j:image

ピンクということは決まっていたので、色が綺麗に出るように、白土を使うことは決定。焼成を酸化にするとより綺麗に。還元にすると少しトーンが落ちて大人っぽく。作りかけていた植木鉢にかけてテストしてみました。

迷いましたが、右側の酸化焼成に決定!

 

  • 施釉〜本焼き

当初はピンク一色の予定でした。教室の先生から、掘った部分が釉薬で埋まり模様がわかりにくいかもしれない、というご指摘をいただきました。しまった!と作戦を考え直して、掘った部分に釉薬を埋めてピンクの線が出るようにしました(象嵌)。その周辺は釉薬をかけない、または透明にするかの二択。無釉よりも透明のほうが同じ質感でピンク釉とのバランスがいいのでは?と思い、透明釉に決定。

f:id:machicoo_utsuwa:20211014205208j:image

2色のかけ分けは結構手間がかかります。

全体にピンク釉→ピンクを残す部分に撥水剤→透明釉をかける部分の釉薬をスポンジで拭う(模様の部分はピンクが埋まっている)→透明釉→撥水剤のうえに透明釉が残ってしまった箇所を拭き取る

こうして本焼へ。

 

  • プレゼントの反応

f:id:machicoo_utsuwa:20211017141854j:image

f:id:machicoo_utsuwa:20211017141851j:image

涙腺の弱い彼女。開封すると涙。笑。予想以上に喜んでくれました。

私が絵付けとかポップなのが好きそうと思っていたから今回の作品は意外だったとのこと。こんなのも作れるんだとやけにびっくりしてくれていました。

 

色違いなど展開すれば良いよー、母も絶賛!とのこと。気に入っていただけたようです。今回のはあくまでも彼女のイメージに合わせて作ったので、今、私がテストしてるのはぜんぜん違うんだ〜と説明しました。自分でも好きな作品になったので、自分の引き出しの1つになりそうです。

 

  • おまけのお皿

f:id:machicoo_utsuwa:20211017142525j:image

f:id:machicoo_utsuwa:20211017142527j:image

制作過程で小さめのカップができてしまったため、それに合わせてソーサーを作っていました。肝心のカップは素焼き前に割れてしまい、ソーサーだけが残り、、、。でもせっかくなので焼きました。全体をピンクにしたものと、マグカップのように2色かけ分けたのもの。サイズがマグカップとは釣り合わないのですが、もしよければこれもプレゼントするよ、と話したところ、2色コンビのほうを選んでくれました。1枚は自分の手元に残しました。

 

仕事のストレスやらで陶芸のテンションも低めだったのですが、喜んでくれる姿を見てちょっぴり気持ちが上がりました。ありがとう〜。

 

プレゼントシリーズはサプライズが1つ控えてます。すでに完成しているのであとはお渡しのみ。また渡したらレポートしますね。

 

それではまた!

【花と器のある暮らし】多肉植物メンテナンス

f:id:machicoo_utsuwa:20211006230440j:image

こんにちは。

 

我が家の多肉植物徒長したり、枯れたりで格好悪くなってしまっていたのでなんとかしたいなぁと、暑い夏が終わるのを待っていました。ようやく涼しくなったので、お手入れをしてみました。

 

  • カットして根が出るのを待つ

徒長したものは元には戻らないので切ってしまうらしい。でも思い切って切れないものもあったり、、。正解がよくわからない中で探り探りやっていきました。切ったものはこんな感じで水をやらずに少し遮光して外に出しています。根が出てくるかなー。


f:id:machicoo_utsuwa:20211013221552j:image

f:id:machicoo_utsuwa:20211013221555j:image

 

そしてカット後の本体はこちら。カットしたところから子株が出てくるのでしょうか。広がってしまった左下のエケベリア?はすでにたくさん葉っぱを取り外して葉挿し中なので、なんとなく残してみましたがどうなることやら。元に戻らないと聞いてもハゲさせるのが抵抗があって中途半端にしてしまいました…

f:id:machicoo_utsuwa:20211013221655j:image

 

  • 新作のピンク色の植木鉢へ植え替え

枯れてしまった部分をお掃除し、残った多肉を植え替えました。枯れているのがないと、全体がこんなに生き生き見えるのか〜と思いました。見ていてもいい気持ちになります。

f:id:machicoo_utsuwa:20211013222517j:image

ピンク色の植木鉢は初めて。多肉との相性は良さそうです。左が還元焼成。真ん中が酸化焼成。同じピンク釉でも焼成により発色が異なります。定着しますように。こちらは植え替えて1週間後から水やりをしました。

 

  • 大量の葉挿し!

徒長した葉っぱを1つずつ外して葉挿しもたくさんできました。どのくらいの確率で子株がでてくるのでしょうか。


f:id:machicoo_utsuwa:20211013222916j:image

f:id:machicoo_utsuwa:20211013222919j:image

 

これより前にやっていた葉挿しは根が出てきたやので小さいポットへ移して霧吹きによる水やりを始めています。左上のは茎を切ってそのままま植える茎差しをトライしています。

f:id:machicoo_utsuwa:20211013223048j:image

 

  • 虫との闘い

私は虫が苦手です。畑をやるようになってからは随分と緩和されてきましたが、苦手です。

元気がなくなったセダムをよく見ると、たぶんカイガラムシであろう白い虫がたくさんいました。頑張って水で流したり、ピンセットで取ったりしました。虫が苦手だと植物を育てられないよなぁ、、とテンションが下がりました。困ったものです…,

 

 

経過はまたお知らせしますね。

それではまた!

【健康管理】運動編♯2〜気まぐれウォーキング

こんにちは。

 

9月に私が発症した謎の腰痛と、夫の痛風疑いで、運動しなくてはダメだ!と改心。夜のウォーキングを始めました。

本日はウォーキングって意外と気軽に続けられるかも!というお話しです。

 

  • ウォーキング中の楽しみ

夜なのでそんなに長い時間はかけられません。せいぜ1〜2時間というところ。今日はどこを目指すか、毎回違った目標地点を決めます。今のところ、駅を目標にすることが多いです。

 

普段は車で通るだけ、電車で通り過ぎるだけの道も、歩くと新しい発見があり飽きません。こんなところに食事処があった!知らなかった史跡を見つけた!地元を盛り上げるSNSの募集広告にへぇ〜!などなど。いろいろ見ながら歩いているうちにあっという間に距離を稼いでいます。

 

だいたい1キロ12〜13分ペースくらいで、5〜8キロくらい歩きます。意外とできてしまいますよ!

 

  • お助けグッズ① 靴は大事!

f:id:machicoo_utsuwa:20211006225721j:image

トレッキングをする我が家は靴を2種類持っています。わりと本格的に登る時用と、軽めの平地が中心の時用。この軽めの平地用を履いています。山仕様なので厚底で歩きやすい。足の疲れが少ないです。靴にも助けられて長く歩けていることは間違いないと思います。

 

  • お助けグッズ② 夜間用の安全ライト

f:id:machicoo_utsuwa:20211006225743j:image

f:id:machicoo_utsuwa:20211006225805j:image


暗い夜道を歩くので反射板などを身につけて歩きたいと思い、検索してみるといろいろ出てきました。ランニング目的で腕に巻くタイプなど、工夫されています。山のグッズ売り場にも同様の機能があるものを見つけてそれを購入。歩いていることを認識してもらえる安心感があります。点滅と点灯の2種類を切り替えることができ、電池交換も可能です。

 

  • 今後の企み

緊急事態宣言中は夜はお店も閉まって静かでしたが、本来は居酒屋さんが営業しているはずです。今後は、目標地点を居酒屋さんにして、そこで軽く一杯、ひと休みして帰ってくる、なんて愉しそう!とワクワクしております。

そっちがメインにならないように気をつけないと…健康にいいのか悪いのか、とならないようにしようと思います。以前住んでいた町の、当時何度か行った懐かしいお店、など既に候補もありワクワクです。笑

 

そう考えると気負わず、意外に気軽に始められそうではないでしょうか?皆さんもよかったらトライしてみてくださいね。

 

それではまた!

 

 

【制作現場より】油断大敵!焼成前の弱さ

f:id:machicoo_utsuwa:20211004004129j:image

こんにちは。

 

最近は自宅での陶芸の時間が増えました。月2回の教室だけではなかなか進まないので、家でもやるようにしています。

私は窯を持っていないので、作品は陶芸教室で焼成しています。自宅→教室、この移動が曲者で、、。

 

  • 粘土は焼くと硬く、強くなる

焼き物の歴史は古く、縄文時代に遡ります。学校で必ず習う縄文土器です。粘土を成形して、野焼きしたもの。これを貯蔵や煮炊きに使っていた。はるか遠い昔の話で、そんな時代が本当にあったのか?とすら思うくらいの頃から、粘土は焼くと強くなるということが知られていた。先人たち、本当にすごいことだと思います。

 

逆に考えると焼く前は脆い、弱いのです。強度は粘土の水分量により変わってきます。完全乾燥が最も弱く、水分を含んでいるほうがまだ強い。そのため、自宅で作った作品は半乾燥で運ぶのが最良の方法となります。

 

  • 半乾燥を保つには

木の板の上に直接作品を置くと木が水分を吸って乾燥が進んでしまいます。板の上にビニール袋を置き、そこに作品を入れます。湿気をキープしないと乾燥が進むので濡れたタオルを一緒に入れたり、新聞紙ごしに霧吹きで作品に水分を与えたり、といったメンテが必要。つくづく、陶芸は手間がかかるなぁ。笑

 

  • 油断大敵!

これまでも何度か作品は運んできました。特に壊れることもなかったので、だんだんと気の緩みが出てしまっていました。先日、うっかり完全乾燥させてしまった作品を運んだ際に悲劇が!

f:id:machicoo_utsuwa:20211004110200j:image

梱包も少し甘かったんです…。運ぶ時に、少しぶつかってしまったんです…。教室で開封すると見事に割れていました。模様をほる

 

本焼き後には、別の作品にもヒビが…これもその時できていた見えない衝撃によるものだったのでは?と思っています。こちらは、釉薬でヒビを埋めれば自宅で使えるレベルだろうということで、再焼成する予定です。

f:id:machicoo_utsuwa:20211004110725j:image

 

まさに油断大敵。肝に銘じて作品管理と運ぶ時の梱包などしっかりやっていきたいと思います。家で化粧土をかけた作品は半乾燥が難しく、現在闘っています…。無事に運べますように!

 

それではまた!

 

 

 

 

【花と器のある暮らし】多肉植物、無事に増やせるか?!

f:id:machicoo_utsuwa:20210919120754j:image

こんにちは。

台風一過の青空が広がります。晴れているとなんかやる気が起きますよね。

そんなこんなで、滞っていた多肉のことをやることにしました。

 

  • 多肉の増やし方

 

f:id:machicoo_utsuwa:20210919121748j:image

多肉の土の袋の裏に増やし方が書いてありました。ネットで調べてもたくさん出てきますが、紙で見られる方がありがたいというアナログな私。笑

 

挿し木は途中でカットして、そのまま土に埋める。数週間で芽が出るのでそれまでは水をやらない。(埋まっていたら芽が出たことはどうやって確認するんだろう、、)

 

葉挿しはトレイに寝かせておき、根が出たら根だけを土に埋める。根が出る前は水はやらない、埋めてからは霧吹きでこまめに水やりとのこと。

 

簡単そうに見えます。

 

ですが!私は過去にトライしたこともありましたが、芽や根が出ることもなく枯れてしまい、苦手意識がありました。

 

  • 芽と根が出たっ!

最近、陶芸仲間からいただいたセダム?が弱ってしまい、その再生をしたいと思い久しぶりに挑戦することに。そして、作業中に取れてしまったエケベリア?の葉っぱなどもやってみることにしたのです。

 

先程の手順を見る前に、ネットで得た知識などをもとに自己流で、植木鉢の受け皿に薄く土を敷いてとれたものを全てばら撒いて、しばらく経過したらたまに霧吹きで水をやっていました。

f:id:machicoo_utsuwa:20210919123206j:image

すると、こんな感じで芽が出てきました。セダムも新しく出てきたような白い根があり、昔、枯れてしまった時よりも進歩を感じます。

 

  • トレイから小さい鉢に移す

滞っていたのはこの作業。せっかく根や芽が出てきたのに早く植え替えないとダメになりそう、と焦ってました。そして本日とうとう植え替えたのです。

 

100均で買った紙製のカップに鉢底ネット、多肉用の土を入れ、根の部分だけ土に埋めました。セダムは小さすぎて根だけというわけにもいかず、自己流で埋めました。小さすぎてよく見えず、もしかしたら根が土から出てるかも?!


f:id:machicoo_utsuwa:20210919124511j:image

f:id:machicoo_utsuwa:20210919124508j:image

そして、直射日光は避けてという注意事項があったので、これも100均の遮光シートをぐるっと巻いたラックに置いて一旦完了としました。

 

今度は頑張って育ってほしいです。また経過はお伝えしますね。陶器の植木鉢も続々制作中です。

 

それではまた!